突然ですが、髭が濃い男性って薄毛の人が多いというイメージはありませんか?
もちろん、髭が濃いからといって
必ず薄毛ってわけじゃないし、髭が薄くても禿げている人はいます。
でも、「髭から下が毛深い人=髪が薄い」という方程式は、まんざら間違いではありません。
髭も髪も同じ「毛」なのに、なぜ間逆の症状になるのかというと、
そこには男性ホルモンが深く関係しています。
人は性別を問わず男性・女性両方のホルモンを備えており、
髭に作用するのは男性ホルモン、髪に作用するのは女性ホルモンです。
つまり、体内の男性・女性ホルモンバランスが崩れることで、
髪は薄いけれど髭は濃いという症状になると考えられます。
ホルモンバランスが崩れる要因は、
さまざまな生活習慣の乱れで、喫煙もその中のひとつとされています。
タバコを吸うことで有害物質が体内に取り込まれるため、
ホルモンバランスを崩す可能性が高いのと同時に、
空気が汚いところでは鼻毛が伸びやすいのと同様に、
タバコの煙から肌を保護するために髭という体毛が濃くなるという説もあります。
いずれも、万人に当てはまるわけではないでしょうが、
髭が濃いという悩みを持っているなら、
禁煙することは悩みを解消する一策になり得るでしょう。

詳しくはコチラ⇒禁煙 髭 薄くなる

関連記事