スイングの基礎はレッスンの中で何度も出てきます。
クリック➡スイング レッスン

実際にクラブに振られて自然にバックスイングをしていると
実はクラブがどこにあるかは分かりません。
この把握できないこの感覚は実は正解なんです。
ですので、バックスイングがどこにあるか分からなくても
実際正しい角度でクラブに振られるように
バックスイングしていただければ常に同じ位置にいきます。
ですからあえて心配する必要はありません。
なんですが、やはり位置は把握して置きたいと
そう思いの方というのは手の力を入れてクラブを上げていこうとします。
言い方を変えると手の力を入れない限り
クラブがどのような角度にあるのかというのは認識しづらくなるんです。
ですからここで力みを入れてしまうことによってクラブの位置を確認する、
そういった意味では安心感が得られるんですが、
結果スイングに必要のない力みが加わってしまいクラブが遅れて入ってきたり、
リリースがうまくできなくなって結果真っ直ぐ遠くへ飛ばなくなってしまうんです。
ではどのような感覚でこのスイングをしていけばいいか。
というのは実は意外と簡単で、
まずバックスイングでもフォロースルーでもクラブに振られてやる。
ですからイメージとしては、
テイクバックでもクラブをバックスイング方向側にポ~ンと放り投げてあげるような感じ。
ダウンスイングフィニッシュでも
同じようにポ~ンとクラブをフォロー方向に放り投げるような感じ。
この投げる、投げる、テイクバックでも投げる、フォロー方向にも投げる。
この感覚を徐々に大きくしていくことによってスイングを一連の動作にしてください。
そうすれば力みのない素晴らしいスイングを得ることができます。

関連記事


    オンラインゲームをする際にいつも頭を悩ませるのが、どんな名前にするかです。 以前、偶然みつけたオンラインゲームをやったときのことですが、その際にどうせ長くは続けないだろうとおもい、適当に名前をつけた…


    石垣島には旅行者の泊まりたいタイプの宿が、ほぼ揃っているといっても過言ではありません。 お客との距離が近い民宿、こじんまりしたペンション、高級志向のリゾートホテル、コンドミニアムにプールヴィラ、ほぼ…