太陽光発電をするのに、空き地利用をするようなケースは多くありますが、空き地利用は田舎の方がいいケースが多いのです。
田舎の方がいい面としては、基本的に開いている土地が多く、使っていない土地も多くなってきているからです。
農業といっても高齢化などによってだんだんと担い手がいなくなってしまっており、土地が遊んでしまっているようなことが多くなっています。
そんな土地を放置しておくと土地が荒れてしまって資産価値や利用価値が少なくなってしまいますから、そういった土地を他に利用するには太陽光発電は利用しやすいものです。
田舎の土地ですと、斜面になっていて建物がたてにくかったり異動にも不便な感じの土地であっても、太陽光発電施設は設置可能ですから、利用しにくい土地も利用できるのも強みです。
また、田舎ですとビルのような大きな建物がありませんから、日光を遮るようなものはあまりありません。
ですので、太陽光を多く浴びれるようになっていますから太陽光発電を利用しやすい面もあるのです。
田舎で土地を何も利用せずに遊ばせているよりも、太陽光発電を利用して空き地をどんどん活用したほうが土地の有効活用につながっていくというわけなのです。

こちらにも詳しく書いてあるので、参考にしてください⇒空き地利用 太陽光発電

関連記事


    太陽光発電の発電効率を良くするためには、パネルの性能も大事ですが、パネルの角度も大事にやります。 できれば、30度から45度が良いと思われます。 できれば、屋根一体型がベストです。 さらに、太陽光パネ…


    最近は電力自由化によってかなり電力事情も変わったように思えます。 ですが、それでこれまでの電気代が大きく下がったという方はいないと思います。 確かに電力自由化によって電気代がそこそこ下がったという方も…


    外壁塗装をしようと思った時にはまずリフォーム業者と外壁塗装の施工日程について話す事になります。 その際に初めて家の外壁塗装をしようと思った時は思った以上に外壁塗装の施工日程が長い事に驚くと思います。 …