毛穴には3種類あります

人の身体にある毛穴は「軟毛性毛包」「終毛性毛包」「脂腺性毛包」の3つの種類に分類できます。
軟毛性毛包は産毛を生やしている毛穴。終毛性毛包はたとえば髪の毛のような一般的で目立つ毛を生やしている毛穴です。これら2つの毛穴が基でニキビができることは、ほぼありません。

ニキビの原因となるのは、3つめの脂腺性毛包です。脂腺性毛包はその名の通りたくさんの脂腺を備え、皮脂がたくさん分泌される毛穴です。
脂腺性毛包から生えているのは原則、細くて目立たない産毛ですが、中には毛穴であるのに脂腺だけがあって毛が生えていないものも存在します。
脂腺性毛包がいちばん多く存在しているのは顔で、顔にニキビがよくできるのもうなづけますね。脂腺性毛包は胸や背中の中央にもあります。

脂腺性毛包にニキビができる過程

脂腺性毛包にニキビができやすいのは毛穴の近くに皮脂を分泌する脂腺があるからです。分泌された皮脂は角質と混じり合って角栓となり、脂腺性毛包に詰まって塞ぎます(面皰と呼ばれる)。

近くにある脂腺からどんどん分泌される皮脂が面皰に溜まっていき、やがて白く変色します(これが白ニキビ)。
さらに脂肪酸やアクネ菌(ニキビの原因菌)も溜まっていき、患部が膨らんでいきます。膨らんで押し上げられた皮脂は空気に触れて酸化され、今度は黒く変色します(これが黒ニキビ)。

さらに面皰がいっぱいになると、壊れて炎症が起きて赤く腫れあがります(これが赤ニキビ)。ここまでくると、痛みがあります。
もっと腫れて、脂腺性毛包の周りに血液や膿が溜まった状態になると相当悪化しています(これが嚢腫)。皮膚に陥没が生じて、残ってしまう場合もあります。美容的にもダメージが大きいですね。

脂腺性毛包からニキビができて悪化する過程はこのとおりです。初期段階での対策が必要ですね。
こちらにニキビケアクリームのルフィーナの口コミが書いてあるので参考にしてください。⇒ルフィーナ 口コミ

関連記事


    バターミルクをもとに作られるミルクセラミドは、 セラミドの合成に有効な働きをするとされています。 植物性のものよりは吸収される率が高いという話です。 キャンディ、またはタブレットなどで手軽に摂取できる…